© 2017 by NPO Group  BPKS-JAPAN   Wix.comで作成したホームページです。

​企業人事部の方へ

すでに障がい者を雇用しているが、意思疎通が困難、考え方のすれ違い、業務の進捗が悪い、やる気がない、などの問題に直面している場合、ご相談に応じます。

果たしてその部署が適材適所なのかどうかチェックするプログラムを当会は有しています。ぜひこのカウンセリングシステムをご利用ください。

障がい者雇用において最も難しいのは持続性と協調性。各種障がい種の特性から適職を探し出し、配置する。

職種によっては適材適所を適切に探すのは雇用支援企業でも難しい。雇用後支援サポートを当会に任せてみませんか?

ほとんどの人事採用担当者が誤解している「障がい者は健常者に比べると使い物にならない」という間違った見解を払拭させることができます。

精神障害者は健常者よりお記憶力や知識力が格段に高く、身体障害者は身体欠損部分以外の感覚が格段に高い。

障がい者の特性を見出し、貴社のどの部署に適しているか、をコンサルティングします。

大多数の障がい者は自分から問題発信をしません。過去に意思疎通ができず、諦めている方が多いのです。

当会は理事長を筆頭に障がい者スタッフが数名おります。

障がい者同士は警戒心をとき、意思疎通が健常者より容易にできます。

お気軽にお問い合わせください。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now